一般社団法人SGS

近くの『禅寺』周遊記Vol.5~萬松山瑞龍寺


久しぶりの『禅寺」訪問です。

今回訪れたのは、大洲市長浜町の

萬松山瑞龍寺

です。

このお寺はこれまで紹介したお寺と同じ『臨済宗妙心寺派』であり、別名『沖浦観音』と呼ばれ、近隣の方々に親しまれているお寺です。

103km流れてきた「肱川」の河口を望む高台にお寺があり、境内からの瀬戸内の眺めは抜群です。

この瑞龍寺には、内子町に落ち延びた平清盛の娘が、下関のお寺から移したと伝えられている

『木造十一面観音立像』

が安置されていて、この像は国指定重要文化財となっています。

また、この仏像は秘仏であり、毎年4月17日にだけ開帳され、盛大に大祭がおこなわれるそうです。

堂々とした「本堂」や、趣のある「鐘楼」など、立派な建物が目を引きますが、その柱に施された彫刻が、どれも精密で美しく、思わず目を惹かれます。

砂利が敷き詰められた境内では、大きな桜の木がものすごい存在感を放っていました。

こちらは「桜の名所」としても知られた場所だそうで、桜の時期も楽しみです。

「山門」も立派な造りで、その脇にはこれまた大きな『緋寒桜』の木が植わっていて、これが今や盛り、とたわわに花をつけていました。

その枝にはたくさんの「メジロ」が戯れていて、かわいらしい姿を見せてくれました。

このお寺も、これまで存在を知らなかったことはうかつでした。

これからの季節、このお寺を訪れる楽しみがたくさんありそうです。


asoview! サイトは、日本最大のレジャー・体験の予約サイトで、約15,000件のレジャー・体験メニューの掲載を誇ります。

今回の取組みは、asoview! サイトの発信力を生かして、西予市並びに四国西予ジオパークの露出を増やし、観光客の増加とSGS発信の体験メニュー利用の動機づけを図るものです。

asoview!バナー

 

 

http://www.asoview.com/brand/seiyo-geopark/

上のバナーおよびリンクよりご覧ください。


The following two tabs change content below.
一般社団法人SGS 専務理事(2016.4.1~) 株式会社プラットホーム 代表取締役(2016.9.1~) 長年のホテルマン経験と少しの公務員経験を生かして、地域に根差した旅行事業所 『地域限定旅行業』 の事業立ち上げを目指して奮闘中。 究極の目標は 『地域の観光プラットフォーム』。  まだまだ非力ですが、「感動」を皆さまに感じていただくべく精進します。 趣味は写真撮影。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です