一般社団法人SGS

私が写真を撮影する意義。


今日のブログでは、私の取組みに関する考えを述べさせていただきます。

私は良く、SNSで写真の記事をアップしています。そして写真撮影が私の趣味であることも、記事の中から伺い知れることであるかと思います。

例えば昨日の記事

https://www.facebook.com/winnersno14/media_set?set=a.1002888389838806.1073741941.100003529647800&type=3&pnref=story

などは、撮影が上手くいって喜んでいるだけのようにしか見えないと思います。

これを見た方が、「何を仕事中に遊んでいるんだ!」と疑問に思われることがあるかもしれません。

ですが、私が写真撮影を行う際に、自分の中で厳密に分けていることがあるんです。

業務中に写真撮影を行う場合、次の条件を設けています。

①西予市内もしくは近隣自治体の観光スポット

②ツアーアテンドに出た時

の2つです。

これから詳しく説明をしていくのですが、少し長くなりますのでご了承くださいね。

 

ご挨拶が遅れましたが、9月1日付で

株式会社プラットホーム

を立ち上げまして、私は代表取締役に就任をしております。

この会社の生業は何かと申しますと、「着地型旅行」に特化した

『地域限定型旅行業』

を行おうとしております。

ご存知の方もおられるかもしれませんが、『地域限定型旅行業』というのは平たく言うと、催行されるツアーのコースが営業所の所在地もしくは隣接した自治体に範囲が限られるのですが、企画・手配いずれも実施することが可能な事業所のことです。

つまりこの形態の事業所においては、「着地型」の魅力をより強く発信していくことが、事業の成否を占うといっても過言ではないと思います。

ここで先ほどの条件に戻るのですが、より良い情報を発信するために、より多くの地域の情報を「自分で」集めることが必要なのではないかと、私は考えています。

魅力的で多様なツアーを創造するため、情報収集を行う時に「写真」の存在は大きいと思いますので、この仕事をする上で写真撮影の趣味を持っているということは、僥倖といえるのではないでしょうか。

SGSを始めた4月からこれまでの間に、おそらく1万枚以上の写真を撮影してきました。これを上手に使うことが出来れば、有効な情報発信ツールになり得るものです。

それをしっかり心に留めて、これからも仕事でも趣味でも「写真撮影」を続けていきたいと思います。

 

2016年7月29日、asoview! ページに西予市並びにSGSの紹介ページがリリースされました。

asoview! サイトは、日本最大のレジャー・体験の予約サイトで、約15,000件のレジャー・体験メニューの掲載を誇ります。

今回の取組みは、asoview! サイトの発信力を生かして、西予市並びに四国西予ジオパークの露出を増やし、観光客の増加とSGS発信の体験メニュー利用の動機づけを図るものです。

asoview!バナー

 


The following two tabs change content below.
一般社団法人SGS 専務理事(2016.4.1~) 株式会社プラットホーム 代表取締役(2016.9.1~) 長年のホテルマン経験と少しの公務員経験を生かして、地域に根差した旅行事業所 『地域限定旅行業』 の事業立ち上げを目指して奮闘中。 究極の目標は 『地域の観光プラットフォーム』。  まだまだ非力ですが、「感動」を皆さまに感じていただくべく精進します。 趣味は写真撮影。

One thought on “私が写真を撮影する意義。

  1. Pingback: 私が写真を撮影する意義。その2 - 一般社団法人SGS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です