広告
一般社団法人SGS

「地域塾情熱教室」に行ってきました。


1月25日、西予市野村町で開催されている

地域塾情熱教室

に行ってきました。

これは地域づくり団体

野村地域自治振興協議会(通称:のむら自治振)

が開催されている、主に中高生の若者を中心とした地元住民の皆さまに、「地域を知り、地域活性化を目指す」 ことを目的とした取組みです。

行ってきた、と言いましても私がそれを受講してきたのではなく、何と私が講師役を仰せつかっておりました(^_^;)

起業したばかりのヒヨッコに何が話せるもんか、と気おくれしていたのですが、お受けしたからにはしっかり対応しようと準備をいたしました。

当日の会場はこちら。

相撲好きの方は知る人ぞ知る

「乙亥会館」

です。

会場入りしてみると、受講者の方は大人の方も含めて10名程度。少々拍子抜けではありましたが、この方々が私の話を聞きに来てくれたのだと思うと、本当にありがたいことだと感じました。

19:00に講義が始まり、「株式会社プラットホーム」 代表取締役としての私をご紹介いただき、いよいよ私の話がスタートしました。

タイトルはこちら

「わたしたちがめざすもの」

あら?このタイトルと画像、どっかで見たことがある・・・

と思われるかもしれませんが、とりあえずそこは(^_^;)

私の情熱をお伝えするのに 「西予市経済循環モデル事業」 のプレゼンに使いました資料を引用いたしました。

話の冒頭、こういう問いかけから始めさせていただきました。

これは私が 「地域活性化」 の取組みについて、いつも疑問に思っていること。

下の3つは問題外だと思いますが、

・何をもって 「役に立つ」 ことになるのか?

・地元を 「知って」 どうしたいのか?

これが認識できないと、本当の意味の 「地域活性化」 には繋げていけないと、私は考えています。

ここで提示いたしましたのが、当社の企業理念

『地域活性化』 を 『経済活動』 へ

です。それを明示したのち、当社の取組みについてのお話をさせていただきました。

さすがにこの話を聞きたいと思って来ていただいた方ばかりで、私の拙い話でも熱心に聞いていただきました。

30分の予定が40分になってしまったことは、反省材料です・・・

話ばかりでは飽きてしまわれますので、ワークショップの時間を設けていました。そのお題は

「旅行商品」 を創ってみましょう!

でした。実際に商品として仕上げていただくのはハードルが高いと思いましたので、ツアーの行程表を作成する作業を行っていただきました。

このワークショップが始まるころには、学生の参加者の方が増えて、始めてする作業に熱心に取り組んでいただきました。

出来上がった 「行程表」 は意外に(と言っては失礼ですが)クオリティが高く、少し手を加えれば商品にできそうなものばかり。

やっぱり若い方の感性は侮れません!

その内容をお見せしたいところですが、これを元に商品化を考えておりますので、企業秘密、ということにさせていただきます。

この取組み、私自身も楽しませていただきましたし、違う目線での考え方を学ばせていただく良い機会にもなりました。

「のむら」 の取組み、これからも目が離せません。


asoview! サイトは、日本最大のレジャー・体験の予約サイトで、約15,000件のレジャー・体験メニューの掲載を誇ります。

今回の取組みは、asoview! サイトの発信力を生かして、西予市並びに四国西予ジオパークの露出を増やし、観光客の増加とSGS発信の体験メニュー利用の動機づけを図るものです。

asoview!バナー

 

 

http://www.asoview.com/brand/seiyo-geopark/

上のバナーおよびリンクよりご覧ください。


広告
The following two tabs change content below.
一般社団法人SGS 専務理事(2016.4.1~) 株式会社プラットホーム 代表取締役(2016.9.1~) 長年のホテルマン経験と少しの公務員経験を生かして、地域に根差した旅行事業所 『地域限定旅行業』 の事業立ち上げを目指して奮闘中。 究極の目標は 『地域の観光プラットフォーム』。  まだまだ非力ですが、「感動」を皆さまに感じていただくべく精進します。 趣味は写真撮影。

One thought on “「地域塾情熱教室」に行ってきました。

  1. Pingback: 春ツアーの告知です♪ - 一般社団法人SGS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です