一般社団法人SGS

「ここ行ってみたい!」と思っていただく方法について。


昨日の記事をふまえて、いろいろ考えています。

なぜ 『魅力』 が伝わらないのか。

ツアー内容の乏しさはとりあえず置いといて、まず決定的に欠けていたのが

「見せる」

要素。このツアーの告知写真は、訪問先博物館の外観写真だけ。こんな写真を見て、このツアーに 「行ってみよう」 と思っていただけるわけがありません。

「綺麗な」 「わかりやすい」 「目を引く」 写真であることはもちろんですが、実際にこのツアーで何が行われるのかを 『画』 として表現できてないことに、大きな落ち度がありました。

どう考えても、手抜きであったことは否めません。

訪問先は、知名度もそれなりに高く、行っていただければ満足度は高い場所ばかりだと思うので、その 『魅力』 をお伝えすることが出来ないのは、売る側の不手際なのだと感じています。

今回このツアーを作るに当たって、過去に訪問した施設ばかりであったということもあり、直前の 「情報収集」 作業を行っていませんでした。つまり、

「生」 の情報

を収集していないんです。

「今」 そこで何ができるのか、何を見られるのか、何が楽しめるのか を調べないまま、過去の情報をそのまま告知してしまったのです。

興味を持っていただけるはずがありません。

1月15日催行予定分につきましては、本日付で中止といたしましたが、1月29日催行予定分につきましては、残り2週間の募集期間でどれだけ興味を引いていただけるか、告知方法を変えて試してみたいと思います。


asoview! サイトは、日本最大のレジャー・体験の予約サイトで、約15,000件のレジャー・体験メニューの掲載を誇ります。

今回の取組みは、asoview! サイトの発信力を生かして、西予市並びに四国西予ジオパークの露出を増やし、観光客の増加とSGS発信の体験メニュー利用の動機づけを図るものです。

asoview!バナー

 

 

http://www.asoview.com/brand/seiyo-geopark/

上のバナーおよびリンクよりご覧ください。


The following two tabs change content below.
一般社団法人SGS 専務理事(2016.4.1~) 株式会社プラットホーム 代表取締役(2016.9.1~) 長年のホテルマン経験と少しの公務員経験を生かして、地域に根差した旅行事業所 『地域限定旅行業』 の事業立ち上げを目指して奮闘中。 究極の目標は 『地域の観光プラットフォーム』。  まだまだ非力ですが、「感動」を皆さまに感じていただくべく精進します。 趣味は写真撮影。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です